目指す保育

おいしいバランスのとれた食事と心地よい睡眠

乳幼児期は心身が急激に成長するため、あそぶ・たべる・ねむる事を最も大切にしています。
元気いっぱい遊び、モリモリ食べて、急速(眠る)を取ることがとても大事です。
早寝早起きの生活リズムは自律神経の発達上欠かせません。給食・おやつはバランスのとれた献立で楽しく食べています。
偏食もいつの間にかなくなり、何でもよく食べこんでいます。
安心安全な食事、季節の食材を提供することを心がけています。

子どもの心に寄り添う保育

0歳の赤ちゃん、弱さや障がいを持った子ども、どの子も一人の人間として人格を尊び、個性や発達を把握しながら、丸ごと受け入れます。子どもの心に寄り添い、障がい児も健常児も共に仲間として育ち合い、優しさと生きる力を養います。産休明け保育・延長保育・障がい児保育、世代間交流を行います。父母の子育ての悩みや不安など、子育ての相談活動も行ってまいります。家族団欒を大切にし、子どもの表情に気遣い、話をよく聞きスキンシップを大切に、可愛がって育てましょう。子ども時代に、お父さんお母さんはじめ大勢の大人からの真の愛情は、生涯を通し様々な困難を乗り越え前向きに生きる源です。

自然の中での遊びとリズム運動

子どもはじっとしていません。身体を動かすことが大好きです。筋肉も脳も骨格も五感も身体を使い切ってあそぶことで人間として育つ土台を作ります。自然こそ最も大切な子どもの教材です。広い空を見上げ、木々の中を吹き抜ける風を肌で感じ、花を摘み、虫やザリガニに手を伸ばし、冒険心を養い、全身を使って仲間との楽しい遊びに夢中になるのが子どもです。水、泥んこあそびもたっぷり保障して育ちます。リズムあそびは体力づくりだけではなく脳の発達も促し、障がいも徐々に軽減する大切な手立てであり、生物の進化にのっとって故斎藤公子先生の創造したものです。つばめ保育園では毎日の日課として楽しんでいます。子どもの脳の正常な発達を守るために、テレビ、スマホ、ビデオ、DVDによる子育てからは遠ざかって、親子で触れ合って遊ぶことを心がけましょう。

TOP